100店舗の店頭に商品が並ぶ!苦労の分、やりがいも大きい!
食品事業部 営業部 2016年入社

長く愛される商品とは?その答えを合食で見つけたい。

食品メーカーに興味を持ったのは、コンビニでのアルバイトがきっかけですね。自分がどんなに気に入っていても、気が付いたら棚から消えている商品がある…。定番として長く店頭に並んでいる商品もあれば、短い期間で入れ替えられてしまう商品も。その違いは何だろうと考えているうちに、「食品」という身近な商品を扱う仕事に就きたいという思いが強くなったんです。食品メーカーの中でも、おつまみに特化した企業は珍しく、その「他にはない」ところに惹かれて、合食を選びました。

入社してもうすぐ3年目になりますが、ずっとおつまみの営業を担当。現在は、地域に密着したお店から、全国展開しているチェーン店まで、スーパーやドラッグストアなど20社ほどのお客様を任されています。

合食では、入社後半年ほどで先輩から担当するお客様を引き継ぎます。初めは「店舗の棚に商品を並べてもらうことは、こんなにも大変なのか」と驚きましたね。多くの商品の中から合食の商品を選んでいただくためにはどうすればいいか。年末年始やお盆など人が集まる時期には大袋の商品を、ボジョレーヌーボーの時期にはワインに合うおつまみ、とシーズンやニーズに合ったご提案はもちろん、競合商品や競合店の動きなど、総合的な情報をお客様に提供することで、商談を有利に進められることも。そうした努力が実り、合食の商品を導入していただけることが大きなやりがい。チェーン店だと100店舗ほどの店頭に並ぶんです!その商品棚を見ると本当に嬉しくなりますね!

自分が開発した商品を「これ、売れます!」と提案したい。

私の目標は、「長くお客様に愛され、ずっと残る商品」を作り出すこと。実際に自分で食べてみて、美味しさを実感している商品ばかりなので「この商品、売れます!」と自信を持って薦められていますが、自分が開発を担当した商品を売ってみたいな、と。合食では、担当営業と商品開発担当が協力して、スーパーなどのプライベートブランド(PB)商品を作っています。健康志向が高まる今、おつまみは塩分が気になる…という方も多いんです。そうした市場のニーズに合わせた商品として「減塩シリーズ」があります。スーパーやドラッグストアでの人気も高く、定番として入れていただく店舗も増えているんです。私もそんな商品を手がけてみたいですね。

就活生へのメッセージ

就活で重要なことは、とにかく納得するまでやり抜くこと! 長い人生の中でも、新卒で入れるのは1社だけ。その会社なら自分は何ができるのか、会社の雰囲気はどうか、とことん調べて、納得した1社を見つけられるよう頑張ってください!

合食は、早い段階から仕事を任せてもらえる会社です。初めは分からないことばかりで…。でも、心強い存在の先輩方がいます。しっかり指導してくださるので、安心して仕事に取り組める環境だと思いますよ。ゴルフ部、ランニング部、釣り部などサークル活動も盛んで、親睦を深められる機会もたくさん!私はボーリング部で活動していますが、他の部署の人と仕事以外でも交流できるのが魅力なんです。

他の社員のインタビューを読む